2016年4月26日火曜日

ポートフォリオ

描いたもの等








2016年3月17日木曜日

バンドリ漫画58

選出パターンをそろそろ学んでいきたい漫画



【ダブル】バンドリマンダを極めるその1 - 無名雑魚の歩み
http://blog.goo.ne.jp/pqpq2525/e/7f3b32d4400766b535fa3617390a2386

この極めるシリーズの記事が結構詳しめに書いてあったので学んでいきたい


#バンドリ使いのとーあ君真皇杯本戦出場激おめ



あったかアタッカーからバンドリ使い輩出きtらああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああやべえええええええええええええええええええええええええええええああああああああああああああああああああああああああああドチャクソ嬉しい
あったかアタッカーやっててよかった
















#ポケモンGOフィールドテスト楽しみ過ぎかな?

#アルファ碁

#ハンハン連載再開きtらあああああああああああああああああああああハンハンが読めるぞおおおおおおおおおおああああああああああ

2016年3月8日火曜日

バンドリ漫画57

マッチング時間さっき
メンテ中だったのフリーバロー


国際孵化勢の皆さんお疲れ様でっす!!!!!!!(敬礼

僕は赤い糸を知ってXYから厳選を始めた身なので、4世代GSのことは殆ど知らないんだけど、ディアドーっていうのに若干の興味をおぼえつつある。。。かも

イングレス エージェント・ストーリーズ 01
http://www.amazon.co.jp/dp/4061399373

これなんとなくGO意識で買ってみた。

それと秋葉原から少し歩いた所にあるカレー屋PLUCKに行った! 声優のサインが壁という壁に貼ってあったが悠木碧くらいしかわからなかった・・・! スタジオが近くにあるため声優御用達のお店になっているらしい。悠木碧のサインはイラスト入りでむちゃくちゃ上手かったwwwwwwwwwww さながら63フラットのように6種類くらいの中から3種類のルーが選べるプラックセットというのを頼んだ。これが定番メニューなんだそうだ。旨かった。


それから秋葉原を歩いてたらミルクス本物なるアイドルグループが路上で名刺を配っていた。アイドルが路上でものを配ることがあるのは知っていたが、実際に遭遇するのは初めてであった。無論顔など直視できるはずもなく、ティッシュ配りとまったく同じ要領で名刺ただ一点のみを見て受け取りながら通過するだけなのだった。。。

#わんらくがき



































#スーパーポテトにも行った

2016年2月28日日曜日

バンドリ漫画56

ダブルレート 13:19 2016/02/28
お相手 1572
負け 1630→1612


急所は無理
大丈夫かバンギラス~~~


サンムーンきtらあああああああああああああああああああああああ

相棒……第7世代でも一緒に戦ってくれるか?

中国語追加ってこれ人口爆増ちゃいますの~~~~んのん
GOと連動するのってサンムーンだろうしこれは期待しちまうぜえええ~~~

VC、とりあえず初代未経験だったので緑始めました。今ハナダシティ。こんなん神ゲーですやんもう。。。




"僕はこの漫画が、ダブルバトルへの窓口拡大の一押しになるだろうと期待していて"
https://note.mu/masavampharos/n/n0b5b6beb50c3

ウェヒヒ









ウェヒー!!!!




#人のバン見て我がドリ直せ

2016年2月22日月曜日

バンドリ漫画55

ギャグ回


























↑このCMテレビで流れててオッて思いました オッて






こんちは。。眠いです

なんか一昨々日くらいから花粉がちょっと。。。ちょっとです

グロシック本戦、皆さん強くて正味ゆーて羨ましいです。僕は最初の方しか参加できなかったけど皆さんお疲れ様でした

ところでバンドリ漫画がeSRのサイドバーの上の方に模様替えされていてうろたえました。。
協力できてる感じなんですかね。。。僕としては読んでくれたダブル未経験者の方がダブルに興味持つ一因になっていけたらと思ってるんですけども。。。そういう方の反応が気になります。。。あと大声ドリパの記事と「e-Sportsって何ですか?」のPVを超えてるか超えてないかとかが気になります


#投稿済みのエントリー実はだらっと改稿してます













2016年2月18日木曜日

バンドリ漫画54

ダブルレート 7:35 2016/02/16
お相手1576
勝ち 1616→1630


このお相手氏はすごくて、序盤は普通だったのに中盤からいきなり交換読み交換バンバン通してきて一気に負けそうになった。でもプレミに助けられた





























0:56 2016/02/18
イースポ内のランキングで4位になってました。
ありがとうございます!



#バンドリisすばら

2016年2月12日金曜日

バンドリ漫画53

ダブルレート 20:34 2016/02/12
お相手 1503
勝ち 1604→1616




野郎この局面で歌ってやがる……!! 滅びの歌を……!!


トノルンパラグボルトランドアローとか全部重い




悪と悪の複合タイプなのかな~~~~~




昨日、eSportsRunnerにバンドリ漫画を掲載していただきました!
masaさんはもちろんのこと、たくさんのRT、いいね、フォローありがとうございます!
不定期ですがたぶん週1くらいで更新します。
感想むちゃくちゃ嬉しいです!!







#バンドリがいいねと君がいったから2月11日はバンドリ記念日

2016年2月5日金曜日

バンドリ漫画52

マッチング11:05 2016/02/04




















showdown神です
特にテンポ速いのがよい










バンドリ漫画51

マッチング 10:24 2016/02/03




バンドリの次にぐっと来た

















2016年2月4日木曜日

バンドリ漫画50

22:10 2016/01/25










これは面白かったwwwwww














ものひろいマルチやりたい





おーきなこえでっ!



#祝50話



次くらいから不定期にしていこーかと

2016年2月3日水曜日

ポケモンはe-Sportsの夢を見るか?

 2015年、夏。

 ポケモン対戦をこよなく愛するプレイヤーの間に一陣の風が吹いた。e-Sportsの風である。eSports Runnerというe-Sportsニュースサイトが開設され、多くのプレイヤーに重宝されている一方で議論を巻き起こしてもいる。e-Sportsが何なのかは後述するとして、今回はe-Sportsという切り口で、いくつか文章を読んだ程度の立場からではあるが、国内のポケモン対戦の現状や文化的な背景についてなんとなく思うことを、"おーきなこえで"元気に書いていこうと思う!



★前置き

 まず2015年を振り返ってみると、公式大会であるWCSの国内予選では第6世代の対戦環境にも関わらず第5世代産の名構築「バンドリ」が上位通過者の間で流行したり、ビエラ氏が国内予選、全国大会、世界大会の三冠王となり、日本人として6年ぶりに世界からポケモンを取り返したり、世界大会マスターカテゴリの上位7人を日本人が独占したり、その大半がメガガルスタン使用者だったり、一方でmasa氏がWCSと同時的にeSports Runnerを立ち上げ、ボストンの現地からWCSを実況したり、そういった中でe-Sportsがプレイヤーの間で流行語大賞になっていったりと、「対戦」というものがいつになく大きなニュースになった年だった。



★e-Sportsとは何か


 ではe-Sportsとは一体何なのか。電子の手紙はe-Mail、電子市場はe-MP。電子のスポーツがe-Sportsであり、これはゲームをスポーツのようにとらえる新しい文化である。どちらが強いか正々堂々決着をつけたり、高度な技術をアピールしたり、ゲームを観戦したり、選手を応援したりするということだ。つまりこれは、ポケモンがe-Sportsになる、ならないという話ではなくて、ポケモンの場合はe-Sportsとしての実態はWCSなので、WCSをどのようにとらえるか、そのとらえ方のひとつにすぎないし、もっと沢山のとらえ方があると思う。例え世界大会決勝の真っ最中だったとしても。
 次に、具体的に誰がポケモンをe-Sportsととらえているのか。紹介しよう。


Aaron Zheng(@CybertronVGC)さん | Twitter
https://twitter.com/CybertronVGC

CybertronProductions - YouTube
https://www.youtube.com/user/CybertronProductions

 彼の名前はAaron Zheng。アメリカのプロポケモンプレイヤーである。つまりプロゲーマーだ。もう知っている人も多いと思うけど、プロゲーマーとはゲーム大会の賞金やスポンサー料で収入を得ている人のことで、彼はCLASH Tournamentsというコンテンツプロバイダからスポンサードを受けている。ポケモンのプロは彼だけではない。アメリカにもまだ何人もいるし、スペインにもいる。これから、特に海外ではさらに増えていくだろう。また、今は単独のスポンサー契約となっているようだが、複数の経路からスポンサードを受けるようになっていくかもしれない。欧米のe-Sportsシーンではそのようなケースがほとんどなんだそうである。日本人はまだいない。


サイフリートはいつも見学。 - NataSeifriet's blog
"もう、あとは、観客になるしかないなあ。"
http://nataseifriet.hatenablog.com/entry/2015/12/08/092612

 ではプロが誕生した今、プロ以外のプレイヤーは観客になるしかないのだろうか。そういった不安が語られたエントリーが少し前にポケモン界隈で話題になったけれど、そんなことはないと思う。まずe-Sportsとプロe-Sportsは別のもの。それに当たり前のことだけど選手だって試合が終われば他の選手を応援する観客となるのだし、CHALK使いのプロでもバンドリ使いとしては観客ということもある。また、選手以外でe-Sportsに関わる方法は無数にある。コミュニティの運営、サービス、動画や生放送に関連するもの、講座的なもの、関連グッズ、等々。関連技術へのニーズも高まる。



★論点的な何か

 ともあれ世界にはポケモンのプロがいるんだということがわかってもらえたと思う。ところがe-Sportsについて書かれた文章を読んでいくと、ポケモンがこうやってe-Sportsとして、プロが出てくるまでに遊ばれていることに驚きを隠せなくなってきた。そりゃポケモンは神だよ。ソシャゲの何兆倍面白いかわからない。けれどe-Sportsとして見ると興味深い点がいくつかある。


「ゼビウス」がなければ「ポケモン」は生まれなかった!?———遠藤雅伸、田尻智、杉森建がその魅力を鼎談。ゲームの歴史を紐解く連載シリーズ「ゲームの企画書」第一回 | 電ファミニコゲーマー企画記事
"『ポケモン』だって、モンスターを倒しても、「殺した」とは言わなくて、「きぜつさせた」でしょう。"
http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/xevious/4

大学にポケモンサークルが急増 第1世代が大人に :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79311440V01C14A1000000/

 1/2014年11月、こういう記事が日本経済新聞電子版に掲載された。一方で日本ではオフと呼ばれるオフラインの対戦会が非常に盛んだ。真皇杯にルビー・サファイア等のゲームディレクター増田順一氏が、ぽちゃオフにはORASのディレクター大森滋氏が降臨するレベルで。また、WCSには中学生以下が参加するジュニアカテゴリと、高校生以上が参加するマスターカテゴリがある。このように大人からこどもまで誰もが楽しめるタイトルはe-Sportsとしてはかなり珍しいのではないだろうか。e-Sportsタイトルというと普通はリアルな戦争や戦闘がテーマになっているものが多いため、大人からこどもまで誰もが楽しめるとはいい難い。なんとなくここに可能性が秘められているような気がしてならない。ポケモンだけでなくe-Sports全体のブレイクスルーになりそうな何か……。だからポケモンとe-Sportsを紐付けられればでかいと思う。e-Sportsの普及を10年くらい節約できるんじゃないだろうか。


 2/また、ポケモンは対戦を始めるまでに結構時間がかかる。対戦を始めるにはまず知識が要る。複雑なタイプ相性や三値を理解しておかなければいけないし、公式ルールであるところのダブルバトルはシングルバトルとは戦い方が異なる。個体を用意するためには孵化厳選や準伝厳選をする必要があって、格ゲーと比べて道具の用意にかかる時間が長い。なのに、流行っている。これは三値という仕組みを知った時の興奮が成長の起爆剤となっているからだと思う。それに周りに協力的な強者がいるとかなり節約できるし、先に述べたバンドリは個体の用意が簡単という意味でダブルバトル入門に最適な構築であり、Showdownという対戦シュミレーションサイトは英語だがROMを持っていなくても構築の試運転ができる。

 3/そしてポケモン対戦には運が絡む要素が散りばめられている。例えばバンドリの主力攻撃技の岩雪崩がある。岩雪崩の追加効果は怯みで、怯む確率は3割と高めなのだ。このように運が絡むゲームはe-Sports向きでないという考え方がある。ゲームとしてはハラハラして楽しいけれど、プレイヤーの技量とは関係ないところで試合が左右されると。スポーツは本来どちらが強いかを競ったり、技術をアピールする場であるというわけだ。
 もちろんポケモンは運がすべてを支配しているわけではないし、将棋やRTSのように「読み」が要求される。それにゲームの側に純然たる競技システムが組み込まれていなくても、例えばスコアアタックやタイムアタックのようにルールを作って競技を成立させることもある。最初に申し上げたようにe-Sportsとはシステムによって定義されるものではなく、それに携わる人々が決定するわけで、そういう意味では全てのゲームに競技性が存在するといえる。あと、少し脱線するけれど、模擬戦AI2.0みたいなものが開発されて人間のプレイヤーと対戦する「ポケモン電王戦」が催される日を心待ちにする声、また自らそれを開発したい、主催したいという声がちらほらと見受けられる。個人的にも神楽しみで、こういうものが実装されると運が絡むことは人間にも一定の勝ち筋が確保されることにつながる。もし実現したらバンドリ使いAIと一戦混じえてみたいものである。
 あと、こういうのって他のe-Sportsタイトルではどうなんだろうと思ってFIFAの大会の放送を見たんだけど、ゴールポスト間際でわちゃわちゃ混戦状態になって結局シュートが外れた時に、「今のって運? 腕?」ってコメントが流れて、それに対してみんな「運」と答えていた。操作中の選手以外は自律行動になるから、そこに運の要素が入ってくるのかなぁと思った。運が絡むe-Sportsタイトルは珍しくないのかもしれない。

ねとすたシリアス 第2回 後篇その1 - YouTube(3:08~)
https://youtu.be/m9bF6eDBKmc?t=3m8s

 4/日本とアメリカではスポーツのあり方が決定的に違う。アメリカのスポーツの規模は日本とは桁違いに大きいので、ゲームをスポーツととらえる「e-Sports」という言葉を聞いた時に、ある程度みんなが参加して盛り上がりそうな実感が伴うんだと思う。日本ではすぐにそういう想像力が働きにくいようだし、スポーツ嫌いの意識も逆撫でしているかもしれない。結果、e-Sportsを名前に使ってニュースサイトを作っただけで、無料で有益な情報を提供しているにも関わらず、日本のプレイヤー層からは「ポケモンはポケモンなんですけど? 急に違う呼び方されても困るんですけど?」などと笑う人が出てくるわけだ。もし日本でe-Sportsとしてのポケモンが普及するとすれば、ポケモンの世界大会はe-Sportsという言葉が流行る前からWCSしかないのだから、日本にWCSを普及させるということしかない。ただ、どのように普及させていくかについて、諸外国のやり方を参考にしながらそれのグレードダウンでいくのか、あるいは例えば先ほどの「大人からこどもまで楽しめる」というヒントを絡めるような全く新しいやり方でいくのか、ここに一考の余地があると思う。

◇◇◇


売り上げ本数(wikipediaより)
BW    国内540万本 世界1471万本
BW2   国内304万本 世界781万本
XY    国内443万本 世界1385万本
ORAS  国内297万本 世界994万本
出典:【雑談】一元化する窓口と閉鎖的なコミュニティ : 喰い断Ⅸさんのポケモン生活
http://blog.livedoor.jp/kuitan9/archives/382683.html


 そんな感じで思いつくことを述べてみた。これからポケモンとe-Sportsがどのように変化していくかはわからない。しかし今日本でこのような現状を知る人は少なく、こすぷれノこころえによれば"広めなきゃ無名!"なので、もうちょっと論じられるようになったら面白いなぁと思う。みんな、ポケモンを盛り上げ、対戦を楽しもう!(そしてバンドリを使おう!)ところで、もうすぐGWだ(気が早い)。GWといえばジャパンカップだ。ポケモンは毎年GWに全国大会の予選が行われる(追記2016/02/19:今年の開催は4月末となった)。今年のルールは禁伝解禁のGSである。うーむ、楽しみで仕方ない……!

 以上、ポケモンはe-Sportsの夢を見るか?でした。読んでくれてありがとうございました。

#読んだもの
e-Sports文化の現状と将来性について--コンピューターゲームコミュニティの新しい方向性
デジタルゲーム競技・e-sports--新たなるゲームビジネス展開の可能性
e-Sportsの現状分析に基づく身体性とその拡張に関する研究
e-スポーツの現況と成長戦略の構築
e-Sportsで日本が立ち遅れている現状

2016年2月2日火曜日

バンドリ漫画49

マッチング時間忘れました



バンドリの力証明したと思ったらバンドリ以外4匹選出だった。。。






今日のバンドリ
https://shindanmaker.com/592248

神診断


次で50回かぁ

2016年2月1日月曜日

バンドリ漫画48

マッチング 21:23 2016/01/23












お元気ですか





e-Sports関係の資料ちょびっと集まってきたかも

2016年1月31日日曜日

バンドリ漫画47

マッチング時間 19:30 2016/01/23


















配置学に一石を投じる学説現る
確かに格好いい






2016年1月30日土曜日

バンドリ漫画46

おばんどす~


















これモーキャプ? えらい自然だな















意地珠ドリュを試してみた!!
雪崩でメガサナ半分削るwwwwwくーーーーーこれこれwwwww

バンドリ漫画45


みずみさん面白いなー

2016年1月28日木曜日

バンドリ漫画44

マッチング時間 2:34 2016/01/14


こんばんわ
皆さん風邪など引いてませんでしょうか

僕はといえばeSportsについて考えるのが面白い今日このごろです
だらっと資料を集めてます
眠いです


そだ

SimComic
http://ncode.syosetu.com/n3651dc/

前にcomicoに載せたらBANされたSS
別のとこに投稿しました


2016年1月27日水曜日

バンドリ漫画43


ダブルレート
マッチング時間  2:01 2016/01/10
お相手 1532
負け


でも負け

お相手リザラグとテラガルドだった。ラグ重いなー。。。
テラキはバンギとガルドを前にしてバンギにインファ以外することないよな普通に考えて。。

別の漫画を描くと言ったな。あれは嘘だ。不定期でバンドリ漫画いきます

2016年1月3日日曜日

あけましておめでとうございます

ぽぴぃ。でうs

 去年はこのブログを始めて、バンドリの構築記事まとめ記事を書いたり、バンドリ漫画ってことで中音ナタさんみたいに一日一本4コマを上げるというようなことを一か月ちょっとやっていて、それはmasaさんにRTされたりげべぼさんにRTされたりして本当に嬉しかったんですが、今年はバンドリよりもう少し大きなスケーリングでポケモンとガチ対戦をテーマにしたものを描いていこうと。そしてそれによってネット上の一部のインテリしか読めないかってえテキストでは入り込めない層の脳みそに対してゴリゴリ侵食していって、ガチ対戦の知識を入れていくことによってダブルレートの人口をガッと今の倍くらいに増やしていけたらおもしろいなぁとぼんやり思ってますが、別に何にもしなくたって増えていくのかも知んないし、現時点ではキャラ設定を考えたところでこれから活き活きと動き出すまでは特に何もできないというそんな暮れ正月です